オンラインカジノが初めての方でも安心して遊べる「オンラインカジノ最新ランキング2021年版」攻略情報も掲載!バカラ・ルーレット・ポーカー・ブラックジャック・麻雀・ビンゴ

オンカジ・バカラのルールと稼ぎ方

オンカジ初心者でもわかりやすい、テーブルゲームの中でも最もシンプルなルールで展開されるバカラ。

バカラはトランプを使って行われるゲームでシンプルながらも、どこかハマってしまうそんな中毒性も内に秘めている人気の高いゲームです。

今回はそんなバカラのルールや、オンラインカジノにおいてバカラで大きく稼ぐための必勝法を合わせてご紹介していきます。

オンカジ初心者でも遊びやすい!バカラのルール

オンカジを通して自宅にいながらも豪華なセットで美人の女性ディーラーがゲームを展開してくれる、まるで本当にカジノに来ているかのようなライブ方式で楽しめるバカラ。

オンカジ初心者の方でも、本場ランドカジノにいるかのような本格的に構成されるバカラをプレイしてみるときっと誰でもハマってしまいます。

そんなバカラの人気の秘密は初心者の方でもわかりやすいシンプルなルールです。

使うものはトランプのみと、とてもシンプルなため自宅で練習することも可能なほどです。

まずはバカラをプレイする前にルールについてしっかりと理解しましょう。

バカラは2枚のカードの合計が9に近い方が勝ちとなる

バカラはトランプを使って行われるゲームです。1〜Kまでのトランプを使い、プレイヤーとバンカーそれぞれに配られる2枚のカードの合計が9に近い方が勝ちとなります。

バカラでは1〜Kまでのトランプを使われますが、数字の役割が通常のトランプと少し異なります。

1〜9まではそのままトランプに書かれた数字でカウントされますが、10.J.Q.Kは特殊なカードとして扱われるため、それらは全て0でカウントされます。

そのため10とQの2枚のカードを引いてしまった場合の合計は0となるのです。

まずバカラではゲーム開始前にプレイヤーかバンカーのどちらが勝つのかを予想し、チップをベットします。

その後ディーラーからプレイヤーとバンカーに2枚ずつトランプが配られます。

ディーラーがそれぞれのカードを公開し、合計の個数が9に近い方が勝利となります。

先程もあったように10とQの2枚を引いた場合はもちろん0ですが、3と7の場合は10ではなく0と下1桁部分がカウントされます。

カードを3枚引く場合もある

基本的には2枚のカードで決着をつけるのですが、カードを3枚引くケースもあります。

プレイヤーがカードを3枚引くケースは、プレイヤーの2枚の合計が5以下の場合と、バンカーの合計が8or9ではない場合です。

バンカーがカードを3枚引くケースは、プレイヤーの合計が8or9の場合、バンカーが8or9の場合、プレイヤーとバンカーともに6or7の場合です。

オンカジではディーラーがその時の結果に応じて、3枚引くのかどうかを判断するようになっているため、バカラは予想して決着を見るだけで完結します。

バカラの賭け方と配当

バカラはとてもシンプルで単純なゲームではありますが、賭け方や配当についてもとてもシンプルです。それぞれ見ていきましょう。

バカラの賭け方

バカラでは以下の5つに賭けることができます。

・プレイヤー

・バンカー

・タイ

・プレイヤーペア

・バンカーペア

他のオンカジのゲームと比べて見ても賭け方もとてもシンプルです。

まずプレイヤーorバンカーは単純にどちらのカードが9に近いのかを予想するというものです。

バンカーは一本的にディーラーに近い役割のため、プレイヤーに比べて有利な傾向があり、勝率も僅かながら高い傾向にあります。

次にタイは、バンカーとプレイヤーのカードの値が全く同じで、引き分けになった状態のことを指します。

どちらのカードも10〜Kが出ることも珍しくはないため、バカラではタイも1ゲームに数回ほどある傾向です。

最後にプレイヤーペアorバンカーペアとは、2つの数字が同じで勝利したことを指します。

※タイに比べるとかなり確率は低いです。

ペアにベットした場合は、ベットした方が勝った際でも勝利金は入りませんので注意しましょう。

バカラの配当

バカラの配当は賭け方によって異なり、以下のようになります。

プレイヤー2倍
バンカー1.95倍
タイ8倍
プレイヤーペアorバンカーペア11倍

バンカーの方が勝負に有利なために手数料が引かれてしまい、プレイヤーよりも僅かながら配当が少なくなっています。

また、タイやペアに関しては配当が高くなっているものの、的中率がかなり低いというデメリットもありますのでベットする際には注意しましょう。

オンカジバカラの攻略法

では最後にバカラで稼ぐ・勝つための攻略法をご紹介しましょう。

タイやペアには賭けない!

バカラの賭け方の中でも高配当であるタイやペアは、高配当である分なかなか的中しないという弱点があります。

的中させるには何度もベットしなくてはならず、一度的中したからといって負けた金額分を取り戻せるほどの配当でもありません。

そのため、確実に勝つためにはタイやペアには賭けないようにしましょう

基本的にタイの出現率は10%ほど、その時の状況によってはタイばかり出る時もありますが、その反面20回やっても一回も出てこないなんてこともよくあります。

それ以上にペアは1ゲームで1回出るかどうかというとてもレアなものですので、オンカジ初心者は気軽に狙わない方が安全です。

カジノの攻略法で有名なバーレー法とマーチンゲール法を組み合わせる

連敗した際に負けた金額をどんどん倍にしていくことで、1度の勝ちで全ての資金を回収できるというカジノの定番でもあるマーチンゲール法をバカラでも用いますが、更に稼ぐためにはパーレー法を組み合わせることが効果的です。

パーレー法とは、連勝時にベット額を倍にし、負けた場合には最初のベット額に戻して繰り返していくという方法です。

1ドルスタートで勝った場合次のターンは2ドルに、その次も勝った場合は3ドルに、その次に負けた場合には1ドルに戻すという流れです。

そんな2つの方法をバカラでは混ぜて行うのです。

勝った際にはパーレー法を使い、負けた場合にはマーチンゲール法で損失分を取り返していきます。

例えば1ドルスタートで勝った場合次は2ドル、その次も勝った場合は4ドル、その次に負けた場合には1ドルに戻り、その次負けた時には倍の2ドルにするという流れです。

分析型攻略法のモンテカルロ法

モンテカルロ法は、数列を書き進めながらベットしていく方法です。

123という数列から始め、その両端を足した金額の1+3の4ドルをベットします。

負けた場合には数列を1234に増やし、次は5ドルベットします。逆に勝った場合は数列の両端を減らし、2ドルを賭けて勝っても負けても終了し、その後は123の数列から始めていきます。

マーチンゲール法などに比べて高額ベットになりにくいため、負けてしまった場合でもリスクを抑えることができます。

モンテカルロ法をバカラに適用する際には、プレイヤーベットで必ず行う必要があります。

プレイヤーベットの配当は2倍ですが、バンカーは手数料分が引かれてしまいます。

そのためモンテカルロ法をバンカーで利用すると、勝った際にも損失が生まれてしまう危険性があるので、必ずプレイヤーベットで行うようにしましょう。

まとめ:バカラは攻略法もありシンプルだけどアツくなれるゲーム

今回はバカラのルールや攻略法についてご紹介しました。

バカラはとてもシンプルでわかりやすいため、初心者の方にとっては遊びやすいゲームと言えます。

これからオンカジをはじめてみたいと考えている方は、まずはルールが簡単で分かりやすいバカラをプレイしてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
!important;