オンラインカジノが初めての方でも安心して遊べる「オンラインカジノ最新ランキング2021年版」攻略情報も掲載!バカラ・ルーレット・ポーカー・ブラックジャック・麻雀・ビンゴ

オンカジのブラックジャックで稼ぐ

オンラインカジノの中でもトランプを使って行うポーカーやバカラなどと並んで人気の高いゲーム、ブラックジャック。

なかなかトランプゲームでブラックジャックを行う機会は少ないかもしれませんが、オンラインカジノではかなり主流となっています。

今回はそんなブラックジャックのルールや必勝法についてご紹介していきます。

ブラックジャックのルール

 

ブラックジャックは他のオンラインカジノのゲームと同様に、プレイヤーとディーラーとが勝負を行うゲームです。

ゲームにはトランプを用いて行われ、ジョーカー以外の52枚全てのカードを利用します。

ルールはとても単純で、プレイヤーは配られる2枚のカードの合計を21に近い数字だと、ディーラーに勝利するというものです。

まずプレイヤーに2枚のカードが配られた後は、

・ヒット(プレイヤーの手札のカードに1枚追加する)

•スタンド(カードを追加せずに現状のカードで勝負する)

•ダブルダウン(手札のカードに1枚追加すれば勝てると判断した際に、ベット額を倍にする行為)

上記の3つのアクションを選択します。

そのアクションの結果によって勝敗が決定します。

配られるカードによって勝負が左右されるため、運が勝負の行方を左右するゲームでもあります。

カードの数え方

ブラックジャックでは通常のトランプとは違い、カードそれぞれの役割が異なります。

まず2〜10はそのままの書かれた数字でカウントします。

J Q Kの3枚のカードは10としてカウントします。そのため10 J Q Kは全て10とカウントされるカードであるというわけです。

そしてAは特別で、1または11としてカウントすることができます。

プレイヤーの手札の状況を見て1にも11にも変更することのできるカードですので、大変万能です。もちろんプレイヤーがどちらにするのかを決定することができます。

オンラインカジノで行われるトランプゲームではそれぞれトランプの役割が変わるものが多いのですが、今回のルールはブラックジャックのみに適用されますので他のゲームと混ざってしまわないように気をつけましょう。

勝敗例

では実際にブラックジャックで勝負を行ってみて、どのような場合が勝つのか、負けるのかをご紹介していきます。

まず最初にもあったように、ブラックジャックは21に近い数字になった方が勝利です。

2枚の配られたカードによって決着がついてしまいます。

例えば勝負の結果プレイヤーのカードが21を超えてしまった場合は合計して22や23などの21にかなり近い数字になっても、プレイヤーの負けです。

またディーラーが手持ちのカードで21を超えてしまった場合は、その時点でディーラーの負けです。

また引き分けとなる場合もあり、プレイヤーとディーラーのカードの合計がそれぞれ18になった時に適用されます。

ブラックジャックの種類

ブラックジャックには様々な種類のものがあります。

基本的なルールはもちろん先ほど紹介したように同じではあるものの、還元率などが微妙に違ったり、演出が華やかなものがあったりとゲームによって微妙に異なります。

オンラインカジノサイト内にブラックジャックと言っても、様々な種類のものがプレイできるようになっているのです。

今回はブラックジャックの中でも定番で人気の高いゲームを厳選して3つご紹介していきます!

インフィニットブラックジャック

インフィニットブラックジャックは、席数が無制限にあるものです。

基本的にブラックジャックは席数が決まっているものですが、こちらは席数が無限であるために24時間いつでもプレイすることができます。

ブラックジャックマルチハンド

複数のハンドを扱うことができるのが、ブラックジャックマルチハンドです。

もちろん1人で複数のハンドを同時に行うこともできるため、1度の勝負で複数賭けておいて全て勝つことができれば、ブラックジャックでかなりの高額資金を獲得することも可能になります。

ブラックジャックパーティー

EvolutionGaming社が提供しているブラックジャックで、通常のものよりも華やかな演出が特徴的です。

まるで本場のカジノに来たかなような豪華なセットで、まれに2人のディーラーが会話しながらゲームを進行していく場合もありますので、とても華やかな空間でプレイすることができます。

ブラックジャックの必勝法

最後にブラックジャックで稼いでいくためにも有効的な必勝法をご紹介していきます!

伏せてあるカードは10と予想する

ブラックジャックではディーラーの2枚目のカードは伏せてあります。

そのカードを予想しながら自分のアクションを決めていくのですが、伏せてあるカードは10だと予想してアクションを決めるのがおすすめです。

10のカードは10 J Q Kの4枚分あるため、他の数字に比べると出てくる確率が最も高い傾向にあります。

そのため伏せてあるカードが10だと予測しておくのが安全なのです。

11以下の時とAが配られた時は必ずヒットする!

ブラックジャックで11の役割持つカードは、Aです。最初に説明したようにAは1にも11にも化けられる万能なカードです。

そのため自分の手持ちカードが11だった場合、万が一最も大きな数字であるAを引いてしまっても合計は12になり、バーストしてしまうことはありません。

そのため手札が11以下の時は必ずヒットしましょう。

それに加えてAが配られた時も1にも11にも化けることができるため、ヒットするようにしましょう。

数字の合計が17〜21の場合はスタンド

手持ちのカードの合計が17〜21と大きな数字になった場合には、ヒットするとバーストしてしまう可能性がかなり高いため、スタンドでカードを引かないでおきましょう。

もしも17でヒットした場合負ける確率は68%、20でヒットした場合は92%とかなり高確率で負けてしまいます。

カウンティングを使う

本場カジノではカウンティングは禁止されていますが、オンラインカジノではブラックジャックでもカウンティングを使うことが可能です。

そもそもカウンティングとは、場に出たカードをメモしておきどの数字が残っているのかを予想するものです。

ブラックジャックの場合は、10として扱われる10 J Q Kの4つのカードがどれだけ残っているのかをカウンティングしておく必要があります。

10が多く残っている場合は、強い手札が揃えやすいという反面、大きな数字が出てしまった際のヒットするとバーストしてしまう可能性が高くなってしまいます。

逆に10があまり残っていない場合は、ヒットしてもバーストしてしまう可能性が低くなります。

カウンティングを行う場合は、プレイヤーにとって有利な10 J Q Kの4つのカード、7.8.9といった勝負に特に影響のない3つのカード、2.3.4.5.6といったプレイヤーにとって不利な5つのカードといった3種類に分けてカウンティングしていきましょう。

トランプの数は52枚と必ず決まっているため、カウンティングをすることは勝利に近づくためのかなり重要なポイントとなります。

マーチンゲール法

オンラインカジノの賭け方としては定番のマーチンゲール法は、ブラックジャックでももちろん使うことができます。

勝った場合にはベット額はそのままで、負けた場合にはベット額を2倍、3倍としていく方法です。

連敗してしまった場合でも一度勝っただけで、損失額を全て取り返すことができるため初心者の方でも大変勝ちやすい方法です。

注意点としては、負けが続いてしまった場合にベット額がどんどん膨れ上がってしまうため、あらかじめどこまで負けたらゲームを終了するという損切り額を設定しておくことです。

ブラックジャックに限ったことではありませんが、オンラインカジノをプレイしているとついつい熱くなってしまうため、負けてもいつか勝つという気持ちで行ってしまうという危険性があります。

そのため、マーチンゲール法に限ったことではありませんが、今回の必勝法全体で言えることとして、あらかじめ損切り額と、どこまで勝ったらゲームを終了するという自分の中でのルールをしっかりと固めてからプレイするようにしましょう。

まとめ

今回はオンラインカジノのブラックジャックのルールや必勝法をご紹介しました。

中でも必勝法に関しては単純なものが多いため、覚えてすぐに実践することができます。

とてもシンプルでスピーディーに進んでいくゲームでもありますので、ぜひ一度ブラックジャックを試してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
!important;