オンラインカジノが初めての方でも安心して遊べる「オンラインカジノ最新ランキング2021年版」攻略情報も掲載!バカラ・ルーレット・ポーカー・ブラックジャック・麻雀・ビンゴ

オンラインカジノ・ルーレットで稼ぐ

様々なゲームをインターネットを通じて24時間いつでも遊ぶことのできるオンラインカジノサイト。

そんな中でもオンカジ初心者でもルールがわかりやすく遊びやすいのがルーレットです。

その名前の通りルーレットを利用し、ボールがどこに入るのかを予想して当てるゲームです。

単純なルールながらも、ベット方法によって配当金の割合が変わったりと意外にも奥深いのが人気の秘密でもあります。

今回はそんなオンラインカジノな中でもルーレットに焦点を当ててご紹介していきます!

ルーレットってどんなゲーム

ルーレットとは、その名前の通りルーレットを利用して行うゲームです。

ホイールと呼ばれる数字の書かれた円盤にの中に、ディーラーがボールを投げ込みそのボールがどこに落ちるのかを予想します。

色、数字、グループといった様々な観点から予想することができ、賭け方によって配当率が大きく変わります。

プレイヤーはディーラーが投げ込んだボールがどこに入るのかを予想し、入ると思ったところに賭けたい金額分のチップを置きます。

プレイヤーがチップを置いた場所にボールが入れば勝利金を受け取ることができ、外れた場合にはベット額が全て没収されます。

ルーレットの種類

ルーレットには以下のように2種類あります。

アメリカンルーレット

1〜36までの36個の数字と0、00のゼロ2種類を含む38個の番号で構成されています。左側に0と00と2つの枠があります。

ヨーロピアンルーレット

1〜36までの36個の数字と0が1種類の合計37個の番号で構成されています。左側に0が配置します。

このようにアメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットでは、ホイールと呼ばれる数字の書かれた円盤の数が異なります。

数字の円盤は赤と黒にそれぞれ分かれており、赤と黒の円盤は18個ずつあります。

アメリカンルーレットでは37個の番号で構成されているため、ハウスエッジは47.36%、ヨーロピアンルーレットでは36個の番号で構成されているためハウスエッジは48.64パーセントです。

数字の数が少ないアメリカンルーレットの方が僅かに予想の的中率が上がります。

ルーレットのルール

ルーレットのルールはとてもシンプルで、ディーラーがルーレットへボールを投げ込み、そのボールがどの数字のホールに入るのかをプレイヤーは予想します。

38個あるいは37個のホールの中から予想を的中させます。

オンカジ初心者の人は1つでもホールの数が少ないヨーロピアンルーレットがおすすめです。

こういった単純なルールながら、ベット方法や配当は細かく分かれているのがルーレットの面白いポイントです。

ルーレットのベット方法と配当

ルーレットのベット方法は大きく分けて、インサイドベットとアウトサイドベットの2つがあります。

ぞれぞれどのように配当が異なるのかも踏まえてご紹介していきます。

インサイドベット

数字のエリアに賭ける方法のことを指します。基本的に1〜36と0あるいは00の37〜38個数字があります。

1つの数字にベットするというストレートアップが配当36倍と最も高いのですが、その分命中率はとても低くなってしまいます。

次にストリート、トリプルという3つの数字にベットする方法があり、配当は12倍です。選んだ3つの数字のうちのいずれかに止まれば配当金をもらうことが可能です。

そしてコーナーは正方形状に配置されている4つの数字に賭ける方法で、配当は9倍。ファブナンバーはその名の通り5つの数字に賭ける方法で、配当は7倍。

最後にラインは、2つの隣接するストリート6つの数字に賭ける方法です。配当は6倍です。

アウトサイドベット

数字の外側にベットする方法をアウトサイドベットと言います。

赤と黒のどちらに賭けるかと言う方法もこちらに当たります。インサイドベットに比べて配当は低くなるものの、的中しやすくなると言うメリットがあります。

まず横1列12個の数字にベットするコラムの配当は3倍。

横4つの連続した列の12個の数字にベットするのがダズンで、配当が3倍。

そして数字の前半と後半のどちらかにベットするのがロウ ハイで配当は2倍です。イーブン オッドは奇数または偶数に賭ける方法で、配当は2倍。

最後にレッド ブラックはその名の通り赤か黒に賭ける方法で、配当は2倍です。

ルーレットの必勝法

ルーレットで多くの賞金を稼ぐためにも、必勝法をご紹介していきます!自分のベット方法にあった必勝法を試してみてくださいね。

マーチンゲール法

ルーレットに限らずオンラインカジノで遊べるゲーム全般に用いることのできる方法が、マーチンゲール法です。

ルーレット初心者でもわかりやすく、負けにくい方法でもあります。

マーチンゲール法のルールは、負けたらその前のゲームで賭けた金額の倍を次のゲームで賭けてきます。

例えば2ドルベットで負けたら次は4ドルベットに、また負けたら8ドルベットにと言う流れです。

ルーレットに適用するには勝率が50%になる、レッド/ブラック、イーブン/オッド、ハイ/ローの3つのアウトサイドベットで適用されます。

勝率が50%と比較的高いベット法なので、どちらかを絞ってベットしてマーチンゲール法を利用すれば、連敗しても負けを取り返せるというわけです。

さらにルーレットの下部分に位置するイーブンマネーベットで当たった場合は配当が2倍となりますので、その際にもマーチンゲール法を使用できます。

モンテカルロ法

モンテカルロ法とは、数列を使ってベットしていく方法です。

モンテカルロ法では、まず1 2 3という数列を作り、その数列の両端を足した金額をベットしていきます。

最初は1+3の4ドル、もし負けたら数列を1 2 3 4に増やし、その次は5ドルをベットします。勝った場合は数列の両端を消すことになりますので、2だけが残りますのでそこで終了です。

モンテカルロ法は、勝ち続けて数列が無くなった時がやめ時です。

こちらもルーレットではレッド/ブラック、イーブン/オッド、ハイ/ローといった、50%の勝率がある賭け方の際にのみ使うことができます。

ココモ法

ココモ法は配当が3倍の時に使うことができる方法です。

1単位のチップを勝ち負け関係なく2回目までで賭け、負けた場合はその前の2回分のチップを合計した金額を賭けます。

1ドルを1単位に設定した場合、最初は1ドルベット、2回目も勝ち負け関係なく1ドルベット、2回目で負けたら1+1の2ドルをベットして、3回目も負けたら4回目では1+2の3ドルをベットしていきます。

勝った場合は最初の1ドルに戻ってもう一度ココモ法を始めていきます。

マーチンゲール法に似ていますが、負けた際にベット額を2倍にしない分リスクが低いという違いがあります。

今回は1単位を1ドルに設定しましたが、高額資金でルーレットをプレイして大きく勝ちたいという方は、1単位の金額を自由に上げてプレイすることが可能です。

ルーレットでは配当が3倍のコラムベットあるいはダズンベットでのみ使用でき、勝率は約32%です。

まとめ

今回はオンラインカジノの中でも特に人気が高く、ルールがシンプルでわかりやすいルーレットについてご紹介していきました。

2分の1の確率で当たるベット方法もありますので、初心者の方はまずはそこから始めてみてはいかがでしょうか。

また、勝率は低いもののストレートアップでは配当がなんと36倍という一攫千金を狙えるベット方法もあります。

ぜひ様々なベット方法を試してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
!important;